当センターの相談・実績

即時荷重インプラント

unnamed unnamed (1)

歯科医師の先生は、学会や勉強会などで新しい術式を覚えたり勉強したりします。
これは歯科業界だけでなく、医療では一般的なことなのですが、
もちろんその治療のパイオニアの先生という人物が存在し、それを覚えたい先生が
その勉強会などに学びに来るという形がほとんどです。
ここ近年、即時荷重という治療が一部の歯科医院で行われていますが、
その治療のキャッチコピーは「インプラントを入れたその日にすぐ噛める」という言葉が
目立ちます。
もちろん「即時荷重インプラント」はその日に噛めるという魅力的な治療でもあり
それを見た患者さんは、「すぐ噛めるほうが良い」と思うことでしょう。
でも、その治療のパイオニアと同じクオリティーで実際に治療ができる方がどれくらい
いると思いますでしょうか?

インプラント治療は歯周病が天敵であり、もちろんインプラントの土台となる骨や歯肉の状態
がとても大事であることは皆さまも周知のとおりだと思います。

本来ならば、奥歯などでは骨の状態が歯周病などによってあまり良くない場合や、骨量が足りない場合
は骨造成を行ったり、しばらく待ってから治療を開始するのが一般的です。

それを待たずに「即時荷重」の名前の通り、名前の魅力だけで早まって治療を行った場合はどうなるか
というのは安易にご理解できると思います。

即時荷重という治療にこだわりった結果、患者さんのインプラントは歯肉とインプラントの間から金属部分が見えてしまい、
審美的にもさんざんな結果となってしまった例です。