当センターの相談・実績

難しい骨造成について

サイナスインパクションについて

骨造成を行う場合は一般的に、患者さんご自身の骨を移植するか人工骨を使います。
骨移植や骨造成などの場合、後に骨が痩せてくる(吸収されて少なくなる、もしくは減ってくる)可能性もあるのですが、インプラント(フィクスチャー)を埋入するには骨が無いと出来ません。

この写真は人工骨も骨移植も行わないで骨造成を行った例です。
takamura3
「サイナスインパクション」と言って、上顎洞の底(シュナイダー膜)を破らずに挙上して、血液だけで骨造成を行った写真です。
もちろん人工骨か自家骨かを選択するかは先生それぞれの考え方があると思いますが、歯科のHPを見ていると、
「私にしか出来無い高度なテクニック」、「この技術は当医院しか出来無い」と書いてあるのを見かけます。

決して技術力が高かろうが、患者さんが治らなければ意味がありません。
ですので、当医院では患者さんの患部の状況に合わせて人工骨を使う場合もありますし、このようにサイナスインパクション法を用いて骨造成を行う場合もあります。
骨造成術の中では難しいテクニックであると思いますが、ソケットリフトの経験が十分にある先生であればこの治療は行えると思いますので、特別な人にしか出来ない術式ではありません。
かつ安全にということであれば、それなりの経験が必要です。

 

takamura2

白く点になっている周りを見ていただくと、しっかり骨が出来ているのがお分かりになると思います。
もちろん、使用するインプラントメーカーや、患者さんの骨の状態を見極めて、その状況にマッチしたベストな方法を選択することが大事ですので十分に経験を積んだ歯科医師で治療を行ってください。

takamura

これからインプラント治療をお考えの方も、もしかしたら少しでも人工骨を使用しない方法や、骨移植をしない方法で侵襲性の高い治療法を回避できるかもしれません。

低侵襲とは「腫れにくい」「痛くなりにくい」と言えば分かりやすいでしょうか?
可能な限り、歯肉を開く範囲が狭ければ腫れないというのはわかると思います。なので技術的にも難しい。
逆に侵襲性が高いというのは歯肉を開く範囲が広い=「腫れやすい」「痛くなる可能性が高い」と言うことです。
※必ず「腫れない」、「痛くない」ということではありません。

もし少しでも「痛くない方が良い」、「腫れない方が良い」とお考えの方はご相談くだされば、ベストなインプラント治療法をきちんとご説明させていただきます。