当センターの相談・実績

当センターの相談・実績一覧

即時荷重インプラント

歯科医師の先生は、学会や勉強会などで新しい術式を覚えたり勉強したりします。これは歯科業界だけでなく、医療では一般的なことなのですが、もちろんその治療のパイオニアの先生という人物が存在し、それを覚えたい先生がその勉強会などに学びに来るという形がほとんどです。ここ近年、即時荷重という...

難しい骨造成について

サイナスインパクションについて骨造成を行う場合は一般的に、患者さんご自身の骨を移植するか人工骨を使います。骨移植や骨造成などの場合、後に骨が痩せてくる(吸収されて少なくなる、もしくは減ってくる)可能性もあるのですが、インプラント(フィクスチャー)を埋入するには骨が無いと出来ません...

北陸から東京に転勤

患者さんはお仕事のご都合で、住んでいた北陸地方から東京に転勤になった方です。北陸地方の歯科医院でインプラント治療を行った方です。インプラントの定期メンテナンスと、インプラントがガタガタするとの事で、急ぎで治療を継続する歯科医院を探されていました。患者さんがおっしゃるには、既にイン...

インプラントを除去(抜去)したいとご相談

相談会に行きインプラントを勧められ、即決して治療を行った患者さんです。「大学教授のインプラント治療」がキャッチコピーで患者さんは信用してしまったそうです。インプラント治療は最初の診断と、治療計画がとても重要で、口腔内の環境が整っていない状況や、診断や安易な計画で治療を行うと、比較...

15年前、20年前に治療を行ったインプラントのご相談

インプラントが現在のスクリュータイプの形状になる前は、ブレードタイプやサファイヤタイプと言われる平べったい形状などのインプラントがありました。現在、使用する歯科医院は無いですが、患者さんの中には「15年〜20年前に入れたインプラントですが診てもらう事は出来ますか?」と当センターに...